テレビ会議時代

テレビ会議時代の音声会議と通信状況につおて

いまや企業や官公庁においても音声のみによる音声会議が必然性を帯びてきた。そのような時代に趨勢は通信状況が格段によくなったためだろう。数年前までは会議といえば遠隔地の本社や支社に出かけて交通費や宿泊費を使うのが当たり前だったが、ごく近年通信状況の改善効果は目覚しく、IT時代にマッチしてテレビやパソコンを介在して音声会議が活発に行われている。背景には出張費の削減、会議後の飲食費の削減など企業活動における経費削減要求も大いに関係している。初期投資費用は必要なものの環境さえ整えてしまえばいながらにして社員間でまるでひとつの会議室にいるかのように会議が出来てしまう。その効果はお金ももちろんだが、時間の削減効果も大変おおきい。なんと言ってもタイムイズマネーである。その時間を有効利用すれば業務改善や残業費の削減など初期投資金額はあっというまに回収できてしまうだろう

そのような状況の音声会議だが、通信状態によってはむしろ無駄会議にもなってしまうだろう。しかしいまや通信状態の非常に良く、しかもパソコン等を使ったウエブ会議ソフトも大変安価でわが社においてもむしろ当たり前のように音声会議を行っている。昔の会議なら出席者はその場所にいる人だけだったが、いまやウエブ会議に代表される音声会議なら誰でも必要なら参加できるメリットがあるわけだ。どこの企業でも官公庁でも導入するのはうなずける。わが社においては東京や川崎、大阪、福井、敦賀の北陸や名古屋、博多など多様な地域性の人間がひとつの会議に参加するだけで年間膨大な出張費を計上していたが、音声会議のしかも顔や必要書類まで全員で共有できるウエブ会議は時代の寵児だろう。

さてそのような音声会議だが今後はどんな風に発展していくだろう。通信状態はどんどんよくなっていくはずだし、ウエブ会議におけるパソコンが必需品だった時代からスマートフォンやタブレットなどによってどこからでも会議に参加できる環境が整うのではないだろうか。それはすぐそこに生きているように思う。

オススメのサイト

  • これからを失敗しない為のssl 認證!もしssl 認證の意味を調べたいならこちらへ。